Tag Archives: キクイモ

【1/29〜】京急百貨店「大九州展」に出品します

こんにちは^^スタッフ北原です。

ここ最近は、毎日キクイモの加工が目白押しで、キクイモ真っ盛りな毎日を過ごしています。

今回、初の関東進出!ということで
京急百貨店の「大九州展」に出品させて頂くこととなりました!

実は…

まだ地元でも販売していない

マムポテトの新商品もお目見えします!!

それが、こちらっ

「こんがりきくいもチップス」

他のチップスとは、正直全く違います。

サクサク、パリパリと楽しめる食感もですが

なんと言っても「甘み」!!

味付けなしで、しっかり甘いんです。

作っている最中も、味見と称してつい食べすぎてしまいそうなほど

やめられない美味しさです。

ぜひ皆さんにご賞味いただきたく頑張って製造しております!

今回の出店では「50袋限定」となっております。

ぜひお早めにお買い求め下さいね!

<大九州展 出店案内>

日時:2021年1月29日(金)〜2月3日(水)

場所:京急線上大岡駅 1階改札出てすぐ
*京急百貨店内ではありませんのでご注意を!
*第2段(1/29〜)での出品です

2021.01.22

【キクイモtips】〇〇でイヌリンの量は変わります

こんにちは!
畑のキクイモも背が高くなってきました。
今年もしっかり育ちますように^^

さて、今日はキクイモのイヌリンが、調理方法でどう変わるかについてお伝えします。

キクイモにはイヌリンが豊富!とよく言われますが、調理方法によって含有量は変化します。

イヌリンが失われる原因
・その1. 加熱温度が高すぎる
特に焙煎したものなど、加熱温度が高いとイヌリンは消失するとの研究結果があります。

・その2. 水で洗う
イヌリンは水溶性の食物繊維なので、水洗いすると流れ出てしまいます。

このように、調理方法でせっかくのイヌリンが失われることもあるので、キクイモ使用の商品でも、含有量が明記されているものを選びたいものです。

以上、イヌリンと調理方法の関係性についてのお話でした!
ご参考になれば嬉しいです^^

2020.07.15

MIYAZAKIフードアワード2020受賞!

こんにちは!マムポテト 北原です。

昨日行われました「 MIYAZAKI フードアワード2020」にて
マムポテトの「きくいもポリポリ」が、審査員賞を頂きました!

今年初開催のこのフードアワードですが、本当にレベルが高く、どの商品も「欲しい!」「お土産に買いたい!」「大事な人に贈りたい」と思える商品ばかり。

この中で審査員賞を受賞できたこと、大変光栄に思います!

なお、受賞しました「きくいもポリポリ」ですが、オンラインショップにて、2月中旬発売予定です。

今年度は数量限定での発売となりますが、次年度以降販売数を増やしていきたいと、今開発担当の中武さんと相談しているところです。

受賞にあたり、エントリーを勧めてくださった県のご担当者様や、本当に可愛いデザインを手がけてくださった はなうた活版堂さま、そして商品開発にあたりご指導・アドバイス頂きました皆様、本当にありがとうございました!この場をお借りし感謝申し上げます。

今後もどうぞ応援よろしくお願いいたします!

2020.01.29